和魂洋才
日本の「こころ」を学ぶ
信和義塾大學校
 

PR

家づくりのパートナー探し
 
 
一般財団法人
グリーンジャパン

〒338-0832
さいたま市
桜区西堀4-11-7-612
株式会社エコライフ研究所内
TEL:048-845-4010
FAX:048-845-4020
mail:greenjapan01@gmail.com
 
223108

和魂旦那倶楽部「未来の扉」概要

 【和魂檀那倶楽部の理念】

「和魂」をもって豊かな社会を実現する。

日本人が持つ「和」の心によって、以下の人と技術を応援します。
1 日本国内のみならず地球規模の環境その他諸問題に取り組む人と技術を応援します。
2 日本人の精神の根元たる神社仏閣を守る人と技術を応援します。
3 未来の扉を開ける人と技術を応援します。

そのための『お布施、寄付、人助け』の精神を実践していくのが和魂檀那倶楽部(わこんだんなくらぶ)『未来の扉』です。
利他の精神で世のために役立つことをする。
こうした美しい心を未来永劫、千年持続する組織として活動します!


【言葉の意義】
和魂とは?
大和魂であり、日本人が本来持っている人と自然を思う、強く、美しい心。

檀那とは?
壇には曼荼羅(まんだら=仏教における宇宙観)という大宇宙の秩序と法則において「最高の身分(格)」という意味があります。
●最高位の身分(格)とは? 
人間性を究最高位の身分とは、法(ダルマ)を学び(僧)、経済的実行力(商)を持つ人を梵語(ぼんご)でダーナ、檀家(だんか)と言います。みずからの収入や資産を私物化せずに、公的に使い“布施(ふせ)”ができる人々です。“無私奉公の精神”を持ち、私利私欲を抑制して、社会福祉ができる人物のことです。
壇は曼荼羅(まんだら)の意味で大宇宙の秩序と法則です。法(ダルマ)を護り、愛と智力を人々に与へ、社会貢献ができる人、それが僧や公家より上位の『檀家』なのです。ゆえに『檀家』身分・人格として「最高位」にあるのです。


 
  「和魂旦那倶楽部『未来の扉』」
参加費および参加申込みはこちら↓↓↓

http://www.greenjapan.jp/wakondanna/mousikomi/